APU生の態度はデカい ? その3つの理由とは

 

どうもすうしぃです。

APUに入学して3年ほどたちますが、3年たって感じたことは

「APU生の態度ってなんかデカくないか?」ということです。

もちろん全員ではありませんが、APU生の半数近くに当てはまると思います。

具体的に態度が大きいと思われる特徴と、その理由を3つ説明しようと思います。

 

 

 

 

態度が大きいと思われる特徴

①すぐ自慢する

   ・高校時代は放課後 USJ (通称ユニバ)で遊びまくってた自慢

   ・中学受験めちゃくちゃ勉強してた自慢

   ・留学してきた自慢

   ・(親からの)お金いっぱい持ってる自慢

   ・彼女とディズニーランド行ってきた自慢

   ・出身地自慢 (特に神戸と横浜が多い)

②自己主張が激しい

 ・グループワークで自分の都合の悪い話は聞かない

 ・自分の意見が絶対だと思っている

③どこか上から目線 

 

APU生の態度が大きい理由

1.甘やかされて育ってきた

これはAPU生の態度が大きい一番の理由だと思います。APUは学費が4年で560万円と全国の私立文系大学の中でトップクラスで学費が高いです。そのため、家庭がお金持ちかひとりっ子の人が多く見られます。それが理由か、「ああ、この人甘やかされて育ってきたな」という人が多いです。甘やかされて育ってきたせいか、「自己主張が激しい」、「自分が人より上にならいと気に入らない」などの態度の大きな人が多い気がします。


2.コンプレックスを抱いている

APUに来る人は、高校時代に勉強をあまりしてこなかった人が多いように思います。

(偏差値が50代前半であること、入学者の7割がAO・推薦入試で合格しているなどから)
よく聞くパターンは、

・立命館の系列高校からエスカレーター で入ってきた
・勉強してこなかったけどAO入試を受けたら受かった
・中学受験で頑張ったけどそこから全く勉強しなくなった

の3つです。
「勉強から逃げてきた→態度がデカい」というのは因果関係として不自然ですが、

勉強ができないまたは勉強から逃げる
    ↓
周りの人から下に見られる
    ↓
コンプレックスを隠すために態度を大きくする

と考えたら納得がいきます。また、裕福な家庭で育ったなかで周りが早慶上智や

MARCHレベルの大学にいくのに対し、日東駒専レベル(あるいはそれ以下)

であるAPUに行くということが1つのコンプレックスになりえます。

ちなみにこれは立命館の系列高校出身の知り合いから聞いた話ですが、

「高校時代に成績のいい人は立命館の法学部や教育学部に行くが、

成績の悪い人は立命館の産業科学部かAPUに行く」そうです。

自慢話をするのも、「自分のコンプレックスを隠すため」と考えられます。

3.どこか人を見下している

APU生の態度が大きい理由の一つとして「人を見下している」ことがあげられます。

 その理由は、

・裕福な家庭で育っているため「自分は他の奴と違う」という雰囲気がある

・過去に難関私立中学に合格したり留学をした経験から同年代の人よりも優れ

   ていると考えている

などがあげられます。

ちなみに見たところ、男子よりも女子の方がそういった態度の人が多く、

帰国子女の方にその傾向が強いと思います。

 

 

最後に…

これはあくまで筆者個人の意見ですが実際にAPU生について感じたものになります。

ただ他の人からも同様の意見を聞くことがあるので、あながち間違いではないと

思っています。

 

 

 

2 件のコメント

  • 負け惜しみにしか聞こえません。
    陰でコソコソ愚痴ってるはかっこわるいっすわ。
    悔しいのなら実力で追い越せや。
    お前の記事はいつも女々しい。

  • これ、題名のAPUをMARCH、関関同立、日東駒専あたりの有名私大に変えても違和感ない気がするんですよね
    要はバーナム効果って奴ですよ
    まぁあなたの母校に対するコンプレックスも理解できますけど、批判と中傷の違いぐらいは区別つけましょうよ
    いい年した大人なんですから

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です