ハリポタ最終作のポスターに隠されている「ある秘密」とは?

f:id:soosy:20190223224754j:image

 

ハリポタ最終作「ハリーポッターと死の秘宝Part2」のこのポスター、あまり知られていない秘密があるんです。

 

実はこのポスターは主人公のハリーの身長を大きく見せるために「遠近法」が利用されているんです。

 

遠近法が利用されている理由は、ハリーポッター役のダニエル=ラドクリフの身長が165cmと小柄だったためです。

 

ハーマイオニー役のエマ=ワトソンもハリーと同じ身長ですが、ロン=ウィーズリー役のルパート=グリントは173cmとハリー達と8センチもの身長差があります。この身長差を目立たなくするために「遠近法」が利用されているのです。

 

撮影中も、この身長差がはっきりしないように様々な工夫がされていたと言われています。

 

ファンタジー映画の名作「ハリーポッター」。視点を変えて見ると、新しい発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です