9ヶ月間働いたレンタルビデオショップを退職しました

 

先日、アルバイト先のレンタルビデオショップを退職しました。去年の6月から働き始めていたので、実質9ヶ月間働かせてもらったことになります。

「働かせてもらった」というのはどこかキレイごとのように聞こえるかもしれませんが、実際に「働かせてもらって」いました。

精神的不調で休むこともしばしば、最悪バイト中に救急車で運ばれたりも….そんな中でクビにすることもなく、自分から「辞めさせてください」と言うまで続けさせてもらえたことにとても感謝しています。

(実はぼくがバイト先に入る前に救急で運ばれてた人、うつ病で薬を飲みながらも働く人もいたみたいで、ぼくという人間もある意味、「想定の範囲内」だったようです…)

電話でちょくちょく来るクレーマーに腹が立って途中で受話器の「切る」ボタンを押したり、お客さんが捨てた割引券をこっそり使ったりとコンプライアンスギリギリのグレーゾンを攻め続けましたが、怒鳴ったり陰口を言うなどのパワハラは一度もなく、「鈴木君は娘と同い年やねえ〜」と暖かく見守ってくれる人たちのいた優しい職場環境だったと思います。

大変お世話になりました。
職場の方々のおかげでなんとか続けられました。
本当にありがとうございました。

ああ、オーストラリアに行く前にiPodにあいみょんの曲入れとかな…ではでは。

P.S.
「花より男子」のレンタル率は異常。

 

f:id:soosy:20190224220145p:plain

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です