「浪人あるある35選」早く言いたい

 

〜浪人あるある〜

 

 

生活編

f:id:soosy:20190305234413p:plain

・外出する機会が減るせいか肌が白くなる

・季節に鈍感になる

・美容室に行く際「浪人生」をどう説明すればいいか困る

・親戚に会うと気まずくなる

・大学に言っている同級生に会うと気まずくなる

 ・1年を通して1日のルーティーンがだいたい同じになる

・現役生に負けないという謎の自信がある

・堂々と休日を過ごしづらい

・「社会に出るのが○年遅れる」という意識がある

・入試日の多い2月に対する思い入れが深くなる

 

予備校編

f:id:soosy:20190305234331p:plain

・ごくまれに10浪の人がいる

・服装にこだわらず通年ジャージで過ごす人がいる

・医学部の受験生は独特の風格がある

・高校時代を怠惰に過ごしてきた人よりも頑張ったけど不合格だった人の方が多い

・他の予備校生に謎の対抗意識がある

・休日の過ごし方がわからずとりあえず予備校に行く

・予備校の雰囲気は意外と明るい

・予備校内で付き合う人がいる

・予備校で付き合って結婚するカップルもいる

・梅雨に出席率が大幅に減る

・生徒を食べる予備校講師がいる

・チューターの熱意がすごい

・同じ高校同士で群れやすい 

・七夕に校内で笹飾りが行われる

 

 

合格〜大学に入学してから編

f:id:soosy:20190305234349p:plain

・合格してからの開放感がすごい

・親戚に堂々と顔を見せれるようになる

・合格してから高校時代の友人と連絡をとるようになる

・大学内で浪人経験者を直感的に感じる

・浪人経験者に強い仲間意識を感じる

・浪人していたことを話すことに抵抗は薄いが相手の反応の大きさにうろたえる

・同い年の先輩にタメ口か敬語のどちらを使うかで迷う

・「浪人していたことをすぐ教える派」と「ある程度時間がたって伝える派」で別れる

・履歴書に高校卒業から大学入学までに空白期間があることに

 なんとも言えないやるせなさがある

・合格したら浪人時代のつらさを「無駄じゃなかった」と感じる

・浪人時代を支えてくれた親に深いありがたみを感じる

 

おわりに 

「浪人」というとどこか暗いイメージがありますが、個人的には浪人時代はとても

楽しかったです。予備校の先生の授業はどれも面白くて「演劇」を見ているような気分

だったし、友達もできてお互いに切磋琢磨し合ったり、なにより毎日勉強をして充実し

た1年だったと思います。また、「7時起床→予備校→7時帰宅→筋トレ&ランニング→

食事→11時就寝」のルーティーンで人生でもっとも規則正しく健康的な生活を送ってい

たと思います。最後に、予備校の先生方と友人、そして両親に感謝を込めて…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です