アベンジャーズ/エンドゲームが世界1位になった件について

アベンジャーズ/エンドゲームの世界興行収入が歴代1位になりました。

第2位が2009年に公開されたアバターで、記録更新はなんと10年ぶりになります。ちなみに

3位 タイタニック(1997)4位 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)
5位 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)
6位 ジュラシックワールド(2015)
7位 アベンジャーズ(2012)
8位 ワイルド・スピード SKY MISSION(2015)
9位 アベンジャーズエイジ・オブ・ウルトロン(2015)
10位 ブラックパンサー(2018)

こうしてみると 1、4、7、9、10位とトップ10のうち半分もマーベル作品が占めています。すごい…

アベンジャーズシリーズは2008年から10年ものじかんをかけて製作された壮大な物語でした。まさに「ディズニーの本気」と言えます。

誰かもっかい見に行かないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です